美容師研鑽ブログ

お客さんとの話題づくりのために日々、幅広くニュースをチェックしています。折角なので自分の意見もブログでまとめていきたいと思ってます!!

海賊と呼ばれた男が今気になる

みなさん、こんにちは。普段は美容師をしております。アラサーの男です。

お客さんとお話をするために、いろいろなジャンルの話題やニュースに日頃からアンテナをはっております。まぁ職業病ってやつですかね。

最近はやっぱり座間で起きた殺人事件の話がよく出ますね。犯行内容とかは言わずもがな猟奇的で恐ろしいのですが、自殺サイトというSNSの存在にやはり大きな闇を感じますよね。自殺を手伝ってほしいとか、一緒に死んでほしいとか、私には到底理解はできません。そして犯人の犯行行動をニュースなどで見ると、映画の「冷たい熱帯魚」を私は思い出してしまいます。あれも実話を基にして作られてますが、殺人をした後の行動が異常です。

こういったニュースがあるとついついお客さんと変に話し込んでしまいますね。

映画で思い出しましたが、前に来られたお客さんとは「海賊とよばれた男」の映画の話で盛り上がりましたね。あれはざっくりいうと出光興産創業者の出光佐三をモデルとした主人公・国岡鐡造の一生と、出光興産をモデルにした国岡商店が大企業にまで成長する過程が描かれているお話しですね。

V6の岡田くんが主演で話題を呼びましたね。たしか映画「永遠の0」のスタッフ達が再結集したとか。俳優さん達も結構一緒だったと思います。

主要燃料が石炭だった当時から、石油の将来性を見抜いていた国岡鐡造は、北九州の門司で石油業に乗り出す・・・おっと映画の内容はやめておきましょう。みなさん見てみて下さいね。

映画の話からだんだんと話題は今の出光興産の問題の話に。出光興産と言えば今、昭和シェルとの合併問題で会社内部で揺れています。いわゆるお家騒動ってやつですね。

合併反対の創業家側と合併賛成の経営陣側。ずっと結論が出ないまま泥沼化が続いてますね。「海賊とよばれた男」を見たからではないですが、私個人としては創業家側に少々肩入れしちゃいますね。自分が築き上げた会社の色に違う色を入れるのはやはり抵抗があると思います。映画とは言え、国岡鐡造の素晴らしい生き様を見ているので私としては創業家が納得する決着で終わってほしいと思います。

 

キレやすい人が多い!?

最近は、キレやすい人が多いんでしょうか。パーキングエリアで車の止め方を注意された車の男が、注意したワゴン車を追いかけ、東名高速で走行妨害を繰り返し、無理矢理ワゴン車を追い越し車線に停止させるという暴挙。乗車していた夫婦に因縁をつけていたところに大型トラックが追突して、ご夫婦が亡くなる痛ましい事故のニュースが話題になりました。人ごとではないと、ゾッとした方も多いのではないでしょうか。最近では見かけることはほとんど無いですが、一昔前はバイクや車に旗を立てて走行妨害する暴走族が公道を跋扈して、迷惑行為をしてたものです。最近の理不尽な交通事故の容疑者はキレやすい一般人、追い抜かれたとか注意されたとか、些細なことで激高して走行を妨害や暴力行為、いつどこで誰が巻き込まれてもおかしくない交通トラブルです。逮捕前の容疑者の姿が報道されたニュースの全く反省していない様子に、少なからず腹立たしさを感じた方も多いのではないでしょうか。「言われたからこっちもカチンとくるけん。」カチンときたのはニュースで動画を見た視聴者のほうです。事故をおこしたこと、亡くなった方への申し訳なさなど全く感じられない態度だったからです。この容疑者はわざと車をぶつけて交通トラブルをおこしてお年寄りを脅す当たり屋だったという報道もあるのです。当たり屋ならゆすりやたかりの目的で、亡くなったご夫婦も大げさに脅した可能性もあるのです。高速道路に自分の車も停車させて本人も軽いケガをしていますが、本人も亡くなる可能性もあったのに、それだけ体を張ったということなのでしょうか。何にも考えずただキレただけなのでしょうか、どちらにしにても考えがなさ過ぎてゾッとしてしまいます。容疑者は足で車にハンドル操作をしていたという証言もあり、耳を疑いました。それはではまるでサルではないですか、サルなら足こぎのオモチャの車に乗ってください。この事件のニュースで、本当にお気の毒なのは、残されたお嬢さんと追突したトラックの運転手です。亡くなったご夫婦も無念でしょう。どの程度の罪に問われるのかが気になりますが、当たり屋の前科もあるのであれば厳重に罰して欲しいものです。ここまでキレやすい人の交通トラブルが多いとさらに大きな事故も起こりかねません。免許の習得に運転適性検査の厳重化などできないものなのでしょうか。少なくとも足で車のハンドルを握るようなサル的な方には、公道を走らないでいただきたいものだと思うのです。

動画から発覚する事件のニュース

最近、何かと話題になるのがネットに流出した動画から発覚する事件のニュースです。大きな事件になってしまったのが福岡の高校で授業中に撮影された、黒板の前に立つ教師に生徒が背中に蹴りを食らわせるという目を疑う動画、見ている生徒たちの笑い声まで入っているのです。加害者の生徒は授業中にタブレットで動画を見ていたことを教師に注意されてタブレットを取り上げられ、激高して教師に暴力をふるったというのです。幼稚園や小学校低学年ではなく、高校生ということがまず衝撃です。最近の高校はこんな様子なのかと、ショックを受けたお父さん、お母さん世代は多いのではないでしょうか。ほとんどの高校はここまでは酷くないでしょう、多分。暴行を受けた教師は新任の23歳、生徒たちとそれほど年齢の差がない年齢です。生徒たちから軽く見られたしまったことは想像に難くないですが、ケガをさせるほどの暴力は明らかに生徒が悪いのです。動画をアップしたのは、動画を撮影した生徒の別の高校に通う友人とのこと。拡散させた理由は、先生への同情と加害者に反省して欲しかった、動画を見て不快感を感じたためという理由からだといわれます。この生徒に動画を見せた撮影した友人は、軽い気持ちで面白い動画だからと見せたのでしょうか。この動画がどのような影響を与えるのか、撮影者も拡散した生徒もそれほど深く考えていなかったのでしょうか。この事件に対して学校側は、「SNSの利用の危険性を指導してきたものの、今回の件を防げずに申し訳ありませんでした。ITモラルを持たせる教育の充実を図ります。」などとコメントしていますが、的が外れるにもほどがあります。アップしたのは他校の生徒だし、教育現場の問題であってSNSが原因という事件ではありません。これではまるで、校内で悪いことをした動画は表沙汰にならないように、ネットには流さないように教育しますと言っているようなものです。動画が拡散したことでニュースになり多くの人の目にふれ加害者の生徒が罰を受けたことで、ネットの影響力と怖さを軽く考える世代には、良い反面教師になったのではないでしょうか。厳しい処分が下された加害者の生徒のためになったのかは難しいところですが、若いしまだやり直しができる時間があるでしょう。ネットにはいい年をして虐待動画やわざわざ人を不快にさせるような犯罪動画をアップする、年齢的に矯正が難しい取り返しがつかない迷惑な人たちが多く存在します。話題を集めるためだけに過激な犯罪スレスレ、もしくは犯罪行為の動画を撮影してネットにアップするような人は、どんどん自分の悪事を世間の目にさらして証拠を残し、逮捕されていただきたいものだと思うのです。

最近のニュースで話題になっていることといえば「不倫」ばかりです。

こんなに不倫ばかり話題になっているのは、おそらく今はネット社会だからでしょうね。
昔の人だっていくらでも不倫はしていたはずですが、カメラを持ち歩いている人なんていませんし、
インターネットもない時代です。
ばれないようにこっそり、ということがいくらでもできたのでしょう。

しかし私は、社会的立場から不倫が許されない「政治家」の方々はやはり自制するべきだと思いますし、
あまりにも自己防衛が足りないと言わざるをえませんが、
芸能人の方々が何かと不倫で責めたてられているのには少し違和感があります。

勿論不倫が「悪」であることは間違いなく、肯定するつもりは毛頭ありません。

でも、芸能人ですからねえ・・・・
この意見については賛否両論あることは覚悟の上ですけど、
芸能人というのは絶対的に「特殊」であることは間違いありません。
普通の人じゃないんです。テレビで自分の姿を観てもらうことで、ものすごく沢山のお金を手にする。
他のどんな職業とも全く違う世界にいるわけです。自分自身がそのまま「商品」。

「芸のこやし」という言葉があります。
芸能人の方々にとっての恋愛(不倫含む)にはそういった要素があることは否定できないのではないかと。

そして何より忘れてはならないのが、「相手の方は全てわかっている」ということですよ。
何しろ芸能人ですから、自分の正体を偽ることはできませんし、
一般人の「結婚しているなんて知らなかった」とか、そういうパターンはあり得ないわけで、
相手の方も有名人だから、芸能人だから、という理由で不倫に陥ってしまっていることは間違いないですよね。
ある意味確信犯です。

ついでに言えば、芸能人と結婚した以上、妻(夫)にも、ある程度の覚悟が必要だと思います。
自分は特別な人間と結婚したのだという覚悟です。
浮気のひとつやふたつ、アタリマエという気持ちをもたなくては
そもそも芸能人と結婚なんてできないでしょう。

その証拠に、不倫が発覚した芸能人が、それを理由に離婚するパターンは
それが単なる不倫ではなく「本気の恋愛」であった場合だけです。
その場合は離婚してその本気の恋愛相手と再婚する、という結末を迎えますが、
お互い納得してのお遊び不倫であった場合、懐の大きな妻(夫)であれば問題にすることもなく
そのまま結婚生活を継続しています。

つまりたいした問題だと思っていないのでしょう。
特殊な立場である芸能人と結婚できる人もまた、特別な人である、ということなのだと思います。

以上、私の気になるニュースについての意見でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの女性議員の弁明と謝罪

強烈な暴言で、頭が涼しくなったお父さんの心を凍り付かせ、その怪しすぎる歌声で子どもたちのハートも鷲づかみにした、ニュースで話題の女性議員が、とうとう公の場に姿を現しました。一体、どのような弁明と謝罪をするのか、納得できる説明ができるのかとニュースでも注目が集まりました。3ヶ月ぶりの議員は化粧が微妙に薄く、インパクトが強かった眉毛もパワーダウン、落ち着いた色のスーツ。病み上がりということで、どこか弱々しい姿で事件の説明をしたのです。そして、その発言で再び世間を驚かせたました。「あんなふうな異常な形で叱責するのは初めて」、ほとんどの人は、それはウソと突っ込んだことでしょう。暴言テープを聞いた人なら、初めてあんな酷い言葉がスラスラ出てくる訳がないと感じています。そして、元秘書の方が録音した日に、酷い言葉を浴びせられることが分かっていたというなら超有能、予知能力があることになってしまうのです。小学生でも使わない、ばれる言い訳です。我を失う興奮状態になってしまったのは、秘書のミスのせいの連発で、ニュースで議員の言い訳を見て納得できた方はいるのでしょうか。後援会の人たちが、「揚げ足を取る秘書のほうがおかしい」と議員を励ましてくれたと議員自身が話していて、またビックリ。テープの発言を聴く限り、酷いパワハラで、秘書の方がミスをしたとしても家族まで貶める発言はよろしくないでしょう。議員を訴えた秘書の行為は「揚げ足」なのでしょうか。公の場で口に出してしまう議員は、迂闊という印象です。少なくとも好感度を上げることには繋がらないと、人の上に立つべき人が想像できないことに首をかしげてしまうのです。それにしても言い訳がヘタすぎて、同情したくなるほどです。メイクを変え、シックな服装で反省を演出したおつもりなのかもしれませんが残念ながら、名誉挽回できたとは言えないようです。理不尽に怒鳴りつけるような代議士は大勢いる、彼女だけではないとフォローした議員がいて、その発言も問題になりましたが、政治家の先生方はそれだけストレスがたまる仕事ということなのでしょうか。ストレス解消に部下に当たり散らすとは、世間ではパワハラで指導が入る場合もあるというのに、議員の先生方の界隈は治外法権なんでしょうか、とても働きづらそうな職場です。女性議員は、議員活動が続けたいという強い意志を持ち、衆院選に無所属で立候補するとのこと。今後の活動と選挙のニュースが気になるところです。

給食の異物混入と食べ残しのニュース

神奈川県大磯町の2つの中学校で給食が「おいしくない」からと、大量に食べ残されているとニュースで話題になっています。ニュースで紹介されている給食の画像はほとんどに手がつけられていないものから、少数ながら完食されているものもみられます。当初の報道では、生徒たちの間で、みんなが食べ残すので食べにくいという意見や自分は完食していたという意見もありました。メニューにも特に問題あるようなものもなく、最近の子どもは偏食が激しいからという印象も持たれましたが、以前からこの給食には異物混入があったとニュースで取り上げられ問題になっているのです。虫や髪の毛、プラスチック片など、1年半の間に約84回の異物混入があったというのです。これだけ多ければ、生徒たちの食欲が無くなるのもうなずけます。不思議なのは、これだけの回数の異物混入があったのに関わらず、保健所に通報せず問題になっていなかったことでしょう。異物混入だけでなく、生徒たちの給食への感想は、「臭いが強烈で食欲がなくなる」、「味が薄すぎたり、濃すぎたりする」など、さまざまです。この学校の給食は校内では作られず、コストを抑え経費が削減できるデリバリー方式が採用されています。民間の給食業者の施設で作った給食が、1時間以上の時間をかけて配達されているのです。そのため給食が冷たいことも、美味しくない原因のひとつと言われていますがこの業者は大磯町だけでなく、相模原市の給食でも混入事件が発覚しています。そしてこの業者による給食の異物混入は、ほとんどが原因不明とされているのです。この事件のニュースで大磯町の町長が、「原因が究明されるまでは業者を変更しない」と、コメントしたことで、きな臭くなってきました。一般的に異物混入事件が発生すると、各メーカーは異物が混じっている食品を回収し、原因が究明されるまで販売停止などの措置を取ることがほとんどです。町の対応は常識的に考えて、異常に見えてしまうのです。気の毒なのは原因が分からないまま、給食を食べ続ける生徒たちです。学校では給食を食べたくない生徒には、弁当の持参も認めたということですが、家庭の負担もバカにならないでしょう。原因が究明されるまで、このニュースは注目を集めそうです。このニュースで気になるのが、ほとんどの生徒が食べ残した残飯だらけのトレーの1つだけがきれいに完食されていたこと。食べ物は残さないと教育が徹底されているのか美味しいと感じて完食したのか、きれいに食べた生徒の感想が聞いてみたいものです。

 

ニュースは自分の知識として消化する

最近、ジャンルを問わず、様々なニュースを貪欲に収集し、自分の知識として消化することに生き甲斐を感じている人が増えています。彼らは、企業の中でもポジティブなマインドを発揮し業務を遂行することから、非常に評価されており、 重要なポストに登用されたり、新規プロジェクトのメンバーに選ばれることも少なくありません。人間誰しも、自分が興味の持てる事柄と、その反対に全く興味が持てない事柄があります。普通、興味のない事柄に関するニュースについては、見向きもしないものですが、なぜ彼らは様々なニュースをチェックするのか解説します。
最近、他人とのコミュニケーションを図ることが、あまり得意でない若者が増えており、早期離職につながっています。その背景には、パソコンやスマートフォンの進化があり、他者とのコミュニケーションを遮断しても困らない生活環境が深く影響していると言えます。しかしながら、学生時代であれば、そのような生活をしていても、親や兄弟、友人などが理解を示してくれていたかもしれませんが、社会人ともなると周りに甘えてばかりはいられません。他者とのコミュニケーションが上手くできないと、仕事が続けられない状況に陥ることもあるのです。
他者とのコミュニケーションを図るため一番の近道は、共通の話題を持つことです。エンタメ、スポーツ、政治、海外、なんでも良いので、話すきっかけさえ見つかれば、容易にコミュニケーションを図ることは可能です。しかしながら、自分が興味を持てない事柄のニュースを日々チェックするのは、苦痛だと感じる人も少なくありません。そこで、考えたいのが、ニュースをチェックするのはコミュニケーションを図ることが目的だということです。つまり、知識として頭の中に蓄積する必要はないということです。
兎角、全てのニュースをチェックするのが苦痛だと感じる人は、新聞やニュースサイトの隅から隅までチェックして、その内容を頭の中に蓄積しようとする傾向が強いのですが、これでは疲れてしまいます。広く浅く、極論すれば、主要なニュースのキーワードだけでも頭の片隅に置いておけば、他者とのコミュニケーションに役立ちます。
つまり、相手と同等の知識を持とうとせず、わからないことは素直に聞けば良いのです。元来、人間は「ものを教える」ことに優越感を感じる動物ですから、教えてもらうだけでもコミュニケーションは成り立つのです。こうして人脈を作っていくことで、自分自身も内面からポジティブになれますし、他者からも評価されるようになるのです。