美容師研鑽ブログ

お客さんとの話題づくりのために日々、幅広くニュースをチェックしています。折角なので自分の意見もブログでまとめていきたいと思ってます!!

今日も日本は平和です。

どうもこんにちは。

世界では色々な事件が起きていますね。最近では少なくなったテロ事件。(本当に少なくなってよかったと胸をなでおろしています)そしてこれは我々日本人が1番危険かもしれない北朝鮮のミサイル実験。

いや~怖いですね。

おばけが怖いと思うのは子供までですよ。

一番怖いのは人間。人間の汚い心…それが1番の恐怖ですよ。

これは殺人やそういったものに限ることではない。

ちょっと前にあったロッテのお家騒動、そしてこの間ネットニュースでみた出光興産のお家騒動。こういったものも、人間の怖さが全面に出ていた事件だと思います。

ロッテはもうガチガチのお家騒動なのに対して、出光は会社側と創業者側の大喧嘩。

家庭内での裏切り、信頼していた部下の裏切り・・・どちらもなんだか辛いですよね。

上の人をはめようと思った人間が何人もいて現に裏切ってしまうなんて・・・ライオンだってそんなひどいことしませんよ。

 

出光の事件に関しては創業家側を会社側の月岡社長達が出し抜いたという形でした。

まぁ~長年一緒にやり続けてきたのにいきなりこういう形で寝首をかかれるとは創業家側も思ってもみなかったでしょう。

本当に怖い。

ぱっとこの騒動を見た人からしたら、「いや昭和シェルとの合併?いいことなんじゃないの?なんでそんなに怒っているの?」と思う人がいるかもしれませんが、この合併の話は経営陣が勝手に話を進めていたものであり、創業家側はそのことを一切知らないまま合併するということになったのだ。

寝首をかくならもっとうまくしなくてはいけないし、そういうつもりもなくただただ伝え忘れ(そんなことはまずないでしょうけど)としたらすぐに潰れてしまいますよ。

何故経営陣側はこのような策にでたのか?

押していけるはずもない。なぜなら創業家側が33%以上の株を保有している大株主だからである。

しかしもちろんそんなことは経営陣側も分かっている。

多分この計画を立てていたのはもっと前の話だろう。

昔から企てていたとしたら凄い社長ですね。

ここで出てくるのが社長達の切り札である公募増資案である!

創業家は33.92%の出光株を持ち、経営統合など重要な決定を否決できる3分の1超を握っており、これが合併の障壁になっていたわけである。

そこで発行済み株式の3割に相当する4800万株の公募増資が実現させれば、創業家の持ち株比率は26%程度に低下する。

するとどうだろうか?これで一気に決定権はなくなってしまうというわけです。創業家側の株の比率を目的としていたのではないかな。

これが人間の怖さです。

お世話になった人達を引きずり下ろすという人間の欲望まるだし。

こわ~

 

スクープ写真や動画のお値段は?

毎日報道される、様々なニュース。事故や災害で若い子が亡くなる話題はいたましいもの。政治家の不倫とお金の問題は、わりとどうでもいいとチャンネルを変えてしまいます。最近は、視聴者が撮影した動画を採用したニュースの話題が多くみられます。事故や事件の現場の近くにいる人が、いちはやく駆けつけ撮影した動画は臨場感たっぷり。撮影者本人の持ち込みか、ブログやSNSにアップされた動画をテレビ局が交渉して、使用許可を得て使用するのか。報道番組も担当が現場にかけつけなくても、ネットをチェックしてすむなら気楽なものです。スクープ写真といえば、海外セレブのスクープ写真を売るパパラッチが知られています。ターゲットを追いかけて高いところに上ったり、セレブを怒らせて殴られたというニュースもしばしば。体を張って無茶をするのは、やっぱりお金。お値段は安いもので1枚1万2000円程度。知名度が高い有名タレントになると歩いている姿だけで、5~12万円になるのだとか。超大物セレブになると約50万円。写真の衝撃度が高ければ値段につり上がり、写真1枚で一財産稼げてしまうなら、セレブに1発殴られるくらいお安いものなのでしょう。没後20年となり、話題になった元イギリス王妃の痛ましい事故に関して、息子である王子のコメントがニュースで話題になっていました。パパラッチに追いかけられ、事故で亡くなった王妃の事故直後もパパラッチは写真を撮り続けたことに不快感をあらわにしていました。当時を知る方や王妃の話題を取り上げた番組で、衝撃的なその写真を見たことがある方は多いでしょう。事故直後の写真は、約6000万円の値段がついたといわれます。生々しい現場写真は、ニュースのインパクトを強めます。しかし、明らかに好奇心を満たすだけのニュース画像は、人の不幸をリアルに見ている後ろめたさも感じてしまうのです。それでも、好奇心で見たくなってしまう衝撃ニュース。日本の場合は、視聴者がニュース現場で撮った写真がTVで取り上げられ、一攫千金とはいかないのです。ニュースで使用される場合も「視聴者提供」とクレジットが入るだけ、全て無償、タダなのです。報道機関によりますが自作自演でニュースをねつ造するやらせ問題や、過去に放火した様子をブログにあげて有名になろうとした人の話題があるように、視聴者投稿が悪用され間違った報道をしてしまう可能性もあるのです。報道の中立性を保つためにも、謝礼を払うのは危険なことなのでしょう。画像を提供した人は、自分の動画がニュースで使われた良い思い出という、満足感を得ることができるのです。しかし、視聴者提供の動画や画像をそのまんま使うのは、ニュース番組の担当がラクしているだけだよねとどうしても納得できない部分もあるのです。

 

 

 

最近注目されているフェイクニュース

以前に比べますと、現在のほうが格段に鮮明になっていることがあります。それはメディアのニュースの取り上げ方です。取り上げ方とは記事として取り上げる基準のことですが、以前よりも各社によりかなりの差がついているように見えます。以前から、あの新聞はリベラルだとか、この新聞は保守系だとか、または政権寄りだとか政権に批判的だとか、それぞれの新聞社の報道姿勢には総合的に見て一つの傾向というのがありました。
以前からそうした傾向はありましたが、その傾向が鮮明になっているのが最近の新聞やメディアの特徴となっています。こうした現象を「いいこと」と考えるから反対に「悪いこと」と考えるかは判断が分かれるところですが、読者に影響を与えることは間違いのないところです。
昨年あたりからフェイクニュースという言葉がマスコミを賑わせていますが、フェイクニュースが注目されるということは裏を返すならニュースは「フェイクでない」ことが前提になっていることになります。おそらくこれまで多くの人は三流週刊誌の場合を除いて、少なくとも「大手」という名前がつく新聞社が報じるニュースは「フェイクではない」と思っていたはずです。そもそも論になりますが、ニュースが「真実」でなかったなら普通の人はなにを信じればよいのでしょう。
今の世の中は歴史の中で紆余曲折を経て民主国家を作り上げてきました。しかし、中には独裁国家で民主国家でない国もありましたが、少しずつそうした国家は減ってきています。民主国家の基本は主権在民で一般の人が主権者であることです。つまり普通に暮らす一般人が国の運営に関与するのが基本的な考え方ですが、そのために必要なことは情報の正確さです。
そのために必要なことは報道を仕事している会社が正しい情報を伝えることです。これが最も重要です。正しい情報の伝え方の一つに話題のニュースの選別があります。例えば、政権に都合の悪い話題は取り上げないことはニュースの真実性と同じくらいかもしくはそれ以上に重要なことです。
一般の人がそのことに気づくにはメディアが複数存在することが不可欠です。メディアが一つでは比較することも選択することもできません。その意味で言いますと、健全な国家というのは情報が制限されていないことが最低条件ということになります。もしある国家が情報を制限しようとしているときはその政権に対して疑うのが正しい対処の仕方です。
人間が生きていくためには所属する国家というのはとても重要です。そして、その国家が健全であるかどうかに関心を持つことはとても大切なことです。その健全性を判断する基準の一つが話題のニュースの取り上げ方です。それと同時に取り上げ方の異なるメディアが複数存在している状況がとても大切です。

情報入手はテレビ?新聞?それともインターネット?

ニュースや日々の話題をチェックする方法は、人によって異なります。
現在考えられる方法は、テレビや新聞のほか、大手新聞社のサイトやニュース専門サイト、SNSも良く利用されています。
テレビや新聞から情報を得ることと、インターネットからの情報入手の決定的な違いは、前者が受動的なのに対し後者は能動的です。共にメリットとデメリットが存在するため、どちらが良いかは判断できず、目的による使い分けが重要となります。
テレビや新聞のメリットは、予め多くの情報の中から案件をピックアップして報道するため、見る側が取捨選択する必要が無いことです。限られた時間内で一定量の情報を入手したい時などは、テレビや新聞が向いているのではないでしょうか。もちろんCS放送ニュースチャンネルのように、24時間放送し続けているケースは例外です。
様々なジャンルのニュースにバランス良く触れられることも、テレビや新聞のメリットと言えます。
デメリットとしては、多くのニュースや情報を省いて報道せざるを得ないため、欲しい情報を入手できないことがあるほか、多少なりとも報道する側の人間の思想や意図が入りやすくなってしまうことです。
一方インターネットの場合、欲しい情報を入手するためには、情報を発信するWebサイトを自ら開き、更にその中から見たい記事を選択し閲覧することとなります。このため、知ろうと思えば多くの情報を入手できる反面、ユーザーによっては入手する情報が偏るというデメリットもあります。
しかし、近年はニュースアプリの出現により、情報が偏るというデメリットは解消されつつあります。
インターネット上で新しい情報をいち早く入手する方法として、RSSリーダーを利用する方法があり、多くのニュースサイトやブログがRSS用のフィードを発信しています。しかし、RSSリーダーは、細かな設定により非常に有効なツールとなりますが、使用する側のスキルが低いと使えないツールとなってしまいます。
このため、RSSリーダーの利用者は減少傾向にあり、誰でも簡単に使えるニューアプリがユーザーを獲得しています。
ニュースアプリのメリットは、複数のニュースサイトを登録できるようにしたことで、まるで新聞を読んでいるかのようにシームレスに多くの情報を入手できることにあります。ユーザーはその中から読みたい話題を選択して閲覧するだけですから、受動的でありなおかつ能動的な最新情報の入手ができるようになっています。
今後の情報入手は、このような形に集約されていくのかもしれません。

ニュースで話題を集めて、仕事に活かしています

学生の頃からあこがれていたアパレル販売業に無事合格したわたしは、お客様との話題作りのために日々のニュースを欠かさずチェックしています。

この行動を始める切っ掛けとなったのは、まだわたしが販売員として未熟だった頃。一人でお店を任されていた時間にいらしたマダムがわたしに残した一言でした。その言葉とは、「お客様となる人は若い人だけではないのだから、沢山の人に対応できる話題を持っていた方がいいわね」というもの。はじめはおせっかいなお客さんだなぁと思ってしまっていましたがその言葉が妙に頭に残って、一度じっくり考えてみたところ、「確かにそうかもしれない」と感じたのです。

わたしは自慢じゃありませんが、ニュースを見るのは大の苦手でした。

日本の情勢や状況を知ったところで、わたしに出来ることなんて高が知れているし、聞いていると悲しい気持ちになってくると思い込んでいたからです。しかし、ニュースの形も今ではすっかり変化して、自分で得たい情報を選べるようになりました。

わたしは試しにそのマダムの言葉を信じて、話題作りのためにニュースを積極的に見るようにしたのです。

すると、自分で勝手に苦手意識を持っていたお母さん世代のお客様やマダムのお客様にも抵抗なく話しかけられるように、自然と自分自身が変わっていきました。ただ以前よりも情報を多く得ようと努力しただけで、自分の中にこんな変化が現れるとは思ってもみなかったので、とても驚きました。

情報を得ようと努力する前までは、大好きな洋服の話か流行のお店の話・好きなアイドルの話ばかりしていましたが、その話題に乗ってきてくれるお客様は若い方にどうしても限られていました。けれど、ニュースで流れるような真面目な話題も取り入れたことで、より幅広いお客様に対応できるようになっていったのです。

この事に自分で気が付いてからは、更に意識をして色々な情報を集めるようになりました。

世代ごとに興味のある話題は違いますから、自分で世代ごとに分けた話題を準備し、お客様の様子を見ながら選んで話をするようになりました。

このことがプラスの効果を生んでくれて、今ではお店の中で一番の売り上げを出しています。

お洋服を売るのだからお洋服の事だけ知っていればいいと思っていましたが、それは違ったのです。その事を教えてくれたマダムには感謝してもしきれません。

お客様は一人一人違いますから、話題は多ければ多い方が良いのだと知ってからは、働くのがより楽しくなりました。

ニュースで話題の危険なアリ、ヒアリ

最近、話題になっているのが危険とされる特定外来種、猛毒をもつヒアリです。大阪や名古屋、東京、横浜でも発見され、連日、危険な殺人アリと不安をあおる報道がされています。ヒアリは、刺されると火傷のように酷く痛むことから、「ファイヤーアント(火蟻)」と呼ばれる南米原産のアリで、アメリカ、オーストリアからアジア諸国に広まって定着し、日本へは中国や台湾か輸入されたコンテナから侵入したとされています。

ヒアリ騒動で調査をしたらやはり外来種のアカカミアリが発見されたと報道され、外来種の危険性ばかりが話題にされているのです。特定外来種の話題はヒアリだけではなく、過去からたびたび取り上げられるニュースです。

2016年に特定外来種に認定された、世界最大の凶暴な肉食魚アリゲーターガーは、悠々と名古屋城の外堀で泳ぐ姿がニュースで報道され、その後1匹が捕獲されました。北米原産のこの魚は飼育していた人が放流した個体と考えられています。

千葉県の印旛沼で大繁殖して問題になっているカミツキガメも北米から中南米原産で、やはりペットとして飼育されていたものが逃げ出したか捨てられたと考えられているのです。特定外来種は人的被害や、日本固有の在来種を食べたり追い出して生態系が乱れる可能性があるため、駆除対象となっていますが、これらの生物たちは好きこのんで故郷を離れ、こんな遠いところまでやってきたわけではありません。

むしろ、来られません。全部、人間が勝手につれてきた結果です。魚や亀にゴメン、日本の在来種の魚や動物を食べたり、追い払わないでね、人間も刺したらダメだからね、という話が通じるはすはないのです。

ヒアリが生息している台湾では、ヒアリに刺されても死亡することはほとんどなく、不快な昆虫という程度の認識とされています。日本のニュースでは、危険、刺されると死ぬ可能性があるとか、ヒアリのバイオレンスな1面を取り上げています。

危険、危険と連呼するだけで不安をあおるニュースはいかがなものかと思うのです。アリそのものが危険というイメージが定着して、むやみやたらにアリを殺す人があらわれかねません。日本に本来、生息するアリを殺してしまうことは、ヒアリの侵入を拡大させてしまう可能性があるとも言われているのです。危険な面だけをクローズアップするのではなく、ヒアリの生態や特徴、行動パターンや見つけたときの対処法を簡潔にまとめて、注意喚起をニュースで話題にして欲しいものです。

果たしてヒアリの侵入を完全に防ぐことができるのかは気になるところ、近い将来、ヒアリの蟻塚が当たり前にある日本の風景は嫌だなあと思うのです。

話題作りにはニュースが一番最適

お客さんや取引先、さらに言えば融資先と共通の話題を作り、打ち解けるためには、幅広いニュース情報集めが欠かせません。

心理学的にも、「人間は共通の話題を持った相手に親近感を覚える」ことは証明されています。しかし、様々な出身地や、職種の人に共通する話題を集めていくのは、幅が広すぎて一筋縄ではいきません。でも、ニュースだったら、性別、職業、業種、出身地を問わず、共通の話題を簡単に見つけることができます。

例えば、40代の東京出身男性会社員が、30歳の沖縄出身で女性のお客さんと共通の話題を見つけることは、簡単ではありません。好きなスポーツ、地元の話題、趣味など、どれも共通のものはあまりなさそうです。

しかし、幅広いニュースをチェックしていれば、沖縄出身の女性のお客さんに対して、米軍基地問題であるや、本土との賃金格差や、教育格差など、相手が実感を持って体感していることについて、触れていくことができ、親近感がお互いに湧いてきます。

お客さんだけではなく、取引先や融資先との共通の話題作りにも、幅広いニュースチェックは外せません。特に、融資先と会話をする場合、相手は銀行や信用金庫に長年勤めている方々であり、経済情報については一通りチェックし、金融についても詳しい方々です。

そんな場合に、こちらが経済や金融に関して、素人であればあまり信用はされません。相手は、融資した企業が効果的にお金を使っているか、良い投資をしているか否かを気にしています。そんな場合に、こちらがまったく世の中のことに無関心で、無知であれば相手にもされません。

融資先と有効な会話をするためには、経済新聞や経済雑誌を読んで、金融やお金、投資に関することの幅広い情報を得ておきましょう。これで共通の話題ができ、親近感と信用を持ってもらえます。

幅広いニュースをチェックするためには、テレビやラジオよりも、新聞、雑誌、インターネットが効果的です。テレビやラジオだと、1つの話題に対してかける時間が長すぎて、長時間見ていても、幅広くはチェックできません。

理想は、新聞や雑誌を何誌か購読し、気になる話題やキーワードがあれば、インターネットで検索し、調べていくことです。新聞は各紙によって論調が違いますし、より詳細に1つの話題を掘り下げているのは、週刊詩や月刊誌です。

インターネットの場合、早く簡単に調べることができますが、匿名記事も多く、実際にちゃんと取材や調査されて書かれた記事なのか、分かりません。

共通の話題作りには、新聞、雑誌を主軸にして、インターネットを副次的に使いましょう。