美容師研鑽ブログ

お客さんとの話題づくりのために日々、幅広くニュースをチェックしています。折角なので自分の意見もブログでまとめていきたいと思ってます!!

レオパレスオーナー会なんだかな・・

みなさん、こんにちは。

私はレオパレス21のCMを見るたびに、オーナー会との揉め事を思い出し、その都度色々と調べているのですが、調べれば調べるほど私はオーナー会の代表を疑ってしまいます・・・

人を疑ってしまう自分が醜く感じる事もあるのですが、何か胡散臭いんですよね・・・

 

もちろんレオパレスにも問題や不満があるのかもしれません、多くのオーナーが少しずつ溜まったストレスや不満を巧みに利用したようにしかおもえません・・・

人間心理的に同じ敵を作ることにより「仲間意識」が強くなり、完全に信用してしまいがちなのでそこの心理をついているのではなかろうか?と考えてしまいます

 

確かにセミナーを開くのにもお金はかかりますし、裁判するにも費用が掛かります

ただどう考えても結構な利益を得てるように思います。

代表以外のオーナー達は「敵のレオパレスを倒すためにやむ得ない費用」と思っているかもしれませんが、そのセミナーの内容は果たして金額に見合ったものなのでしょうか?

ただただレオパレスの悪口や不満ばかり、他のオーナーの不安をあおるだけのセミナーなら最悪ですよね・・・

悩んでる人や何かに対し不信感を抱いている人ほど、簡単に信用させれますので、そういった心理状態に付け込んだ詐欺師なども多いようなので、セミナーなどで100信じるという事は非常に危険でおすすめできません。

企業とのトラブルの中でそういう第二被害を招く被害者も、実際少なくないようです。

 

オーナー会がどういうところかは、まだ謎ですが被害がないことを願っております。

 

お金が絡むとどうしても人は欲望に負けて、自分中心の考えをしてしまいます。

多くの嘘つきと出会ってきましたが、うそつきの多くは「自分を大きく見せる」「知り合いに凄いやつがいる」とアピールしてきます。

メリットだけを話し、デメリットは言わない。

あとは敵視するところのデメリットだけを言う人には注意してください。

 

次またCMを見たら色々と調べてみます!

 

 

賃貸マンションでおなじみレオパレス21

みなさん、こんにちは。

レオパレス21という会社を知っていますか?

ほとんどの方が知っていると思います。

部屋探しをしていたら、必ず目にします。

家具家電付きだったり、マンスリーマンションだったり、期間限定で住む人や、何らかの事情でほとんど手ブラで引っ越す人などにはすごく便利だと思います。

 

私は、次はどんなところに住もうかな?と、賃貸情報を調べるのがすごく好きです。

引っ越す予定なんてすごく先でも、調べているとワクワクして楽しいです。

そういう趣味を持っている人って割といると思います。

最近も、何気なく、賃貸情報を調べていた時に、レオパレス21のニュースを知りました。

どんなニュースかというと、

レオパレス21に対して、多数のオーナーが未払い賃料4億8000万円を払えという集団訴訟を起こしたそうです。

レオパレス側が入居者用の家具や家電を備え付ける代わりとして徴収していたレンタル費用が問題となっています。オーナーに払う賃料から一部屋ごとに2000円を徴収し、7~14年を目安に古くなった家具や、家電を、新品にするという契約だったそうです。

それを、怠ったということで訴えられました。

レオパレス側の言い分は、外壁を7年で塗り替えるというのは一つの目安で痛み具合を見ながら管理していくというのがメンテナンスの基本だということ。

中には、目安よりも早くクロスが傷んでしまって塗り替えたケースもあるそうです。

そして修繕というのは必ず必要なものなので、いきなりオーナー側に大きな負担がいかないように積み立てている。目安表の通りに修繕をしていないからといって全額返せというのはおかしいということなんですね。

それは、ごもっともだなぁって思います。

どう考えてもボロボロなのに放置しているということがあれば訴えられても仕方がないですが、そうでないのであれば別にいいんじゃないかなと思いますよね!

 

一部のオーナーたちが作ったLPオーナー会という団体があって、ここが訴訟を推進しているそうです。

このLPオーナー会っていうのが、前田和彦氏が代表を務めているのですが、訴訟に参加したい方は入会金や年会費を払ってこのLPオーナー会に参加しているそうです。

お金取るの?という感じがしますよね。何の為のお金?とも思います。

セミナーや懇親会を開いているようですが…

そして、この会に入会していた人がいうには、前田さんから、太陽光発電システムの営業や地震保険の勧誘、プロパンガスの営業をされたとのこと。

以前には、レオパレスに対してプロパンガスの工事代金返還の集団訴訟を起こしているとか。こういう事を聞くと、前田さんは何のために、LPオーナー会を作ったのか??自分たちの為ではなく、自分自身の私利私欲の為ではないのか?と思えてしまいますよね。

私が個人的に思うことですけど!!

何か、こんな事で訴えられてしまうと、名前に傷がついてイメージが悪くなってしまうので可哀想だなぁと思ってしまうんです。

ニュース

みなさん、こんにちは。

 

なんか新年早々すごくかわいそうな事件がありましたね。振袖の販売やレンタルを手掛ける「はれのひ」が成人式当日に音信不通となり、多くの被害をもたらしました。

 

一生に一度の晴れ舞台を楽しみにしていた女の子たちの気持ちを無残に踏みにじる極悪非道な行為。何十万もする着物を何年も前から予約していた子たちがショックで泣き崩れたなんてニュースを見た時は本当にこっちまで心が痛みました。トンズラした社長は絶対に許せないです。

 

でも世の中、捨てる神あれば拾う神ありですね。お笑いコンビキングコングの西野さんが全額自腹で成人式を開くとうニュースが。その名も「リベンジ成人式」。

はれのひ」で被害にあった女の子たちを対象に振り袖の着付けや写真撮影、それに船上ディナークルーズ付きという、新成人にとっては「神か!」と言いたくなるほどの大盤振る舞いです。

 

良くも悪くも、何かと世間を騒がしてる西野さんですが、こういうことを実際にできるというのは単純に人間として僕は素晴らしいと思います。良い思い出になったらいいですね!

 

そしてもう一つ気になるニュースは企業のお家騒動の一つである、「出光興産合併問題」。

当時、創業家の出光株の保有比率は3分の1を上回っており、法令上、合併のような重大事項を株主総会で否決することができました。その後、創業家代理人弁護士の交代、出光が1200億円の公募増資を実施し創業家保有比率が約26%に低下、といった経過をたどって、今日まで双方の協議が膠着状態のまま。

 

そうした中で創業家の直近の動きとして、出光株の追加取得がありました。創業家は2017年12月18日、出光株を1.9%分買い増したと発表し、合併について「反対の意思にいささかの揺るぎもない」と表明しました。保有比率は28%超にじわり上昇し、両社経営陣に改めて揺さぶりをかけました。

まだまだ両者一歩も引かずといった状況だけど、企業文化が違う企業って想像以上に合併後が大変だと思いますね。可能性とリスクとは言うけれど、個人的にはリスクの方が大きい気がするんですよね。

 

これからもこのニュースに注目していきたいと思います。

 

小室哲也の不倫報道がイマイチ盛り上がらない理由

新年発となる文春砲の標的になったのは、大人気音楽プロデューサーの小室哲也さん。
自信のプロデュースするユニットグループ、GLOVEのエーティスでもある妻・KEIKOさんの介護の傍ら、看護師の女性を自宅に招き入れ、1夜を過ごしたというのであるから驚きです。
ベッキー・川谷の「ゲス不倫」の一見から、芸能人の不倫報道が後を絶ちません。
ですが、今回の小室哲也さんの不倫疑惑には世間がそれほど騒いでいないような気がするのです。
これはなぜなのでしょうか?

■本人がいち早く否定
不倫に関わらず、こういった報道が出た際の初動は素早いほうがいいと言われています。
今回の騒動に関して小室さんはすぐにコメントを出しており、「男女の関係ではありません」とキッパリ否定しています。

■全盛期の盛り上がりではない
小室さんが大物プロデューサーであることには変わりありませんが、いまが全盛期かと聞かれると決して旬ではないと言われるのも、騒動が大きくならない要因なのだと思います。

■攻撃しにくい雰囲気
献身的に妻を支える小室さんという事実が世間に定着しているため、1夜くらいで…といった意見が多く見受けられています。

■世間が不倫報道に「飽き」を感じている
ここ数年感でかなりの数の不倫報道がなされ、そのたびにお茶の間をざわつかせてきたがここに来て、その流れに飽きを感じている視聴者がいるのも事実です。
不倫報道は大きなスキャンダルかもしれませんが、今後の取り扱い方に注意しないといずれ見向きもされなくなると思います。

美容師にとってキツイ客の話

以前お話した美容院の雑誌の話が中々面白かったと知人に言われたので、たまには美容師の話も織り交ぜていこうと思います。

美容師は長時間店内にいなければならなかったり、予約状況によっては休憩時間が短かったりと大変なこともありますが、基本的にはお客様にはさっぱりと気分よく帰路について欲しいと思っています。
しかし、中にはもう来てほしくないな、と思ってしまうような困った客もいるのです。

例えば、予約を連絡なしにドタキャンしてしまう方。
長年来ていただいて、1度くらいなら仕方ないと許せますが、3度4度と初回来店以降ずっとそのような調子だと、お客様ではなく迷惑客という印象になります。
これは美容院だけではないと思いますが、予約を入れたのであればできるだけ来ていただきたいですし、予定変更があったのであれば連絡が欲しいところです。
もちろん遅刻もこれに含みます。

何日も、下手をしたら何週間も髪や体を洗っていなさそうな客も稀にいます。
私のところに来たことはないのですが、ネットのとある書き込みによれば、1ヶ月に1度その美容院でしてもらうシャンプー以外はお風呂にも入っていないという客がいたそうで、そこまで極端ではないにせよ、あまりにも不潔な方はちょっと嫌です。
もちろん、怪我や手術の関係でなかなかお風呂に入れなかったなどの事情があり、事前に知っていればあまり気にしませんし、その分綺麗にさっぱりしていただこうと私も力が入ります。

逆に、毎月来てくれる方や、高単価オプションを良く追加してくれる方、他にもオススメしたシャンプーなどを購入してくれるお客さんは、非常にうれしいお客さんだと感じます。

今年の冬は大雪に・・・

今年1月には、新潟県の電車が大雪で立ち往生するという事態が発生しました。
新潟県は雪国として有名ですが、それでも対応できないほどの大雪とはどれだけのものだったのでしょうか。
乗客やネット等では、JR東日本の判断の甘さを指摘する声が多く聞かれました。
さすがに15時間以上も電車に閉じ込められてしまうという事態は、誰も想定していないはずですし、冬の新潟県は極寒です。

線路の除雪をすると言ってから動かなくなってしまった電車の中で待ち続ける時間はどれほど長く感じたでしょうか。
また、乗客の家族にとってもとても心配な夜だったと思います。
立ち往生している電車の付近に迎えに行くにしても、吹雪いていて、道も良くなかったはずです。

この日、JRのホームページを確認しても、運休や立ち往生という記載のみで、見通しも立っていない状態だったそうです。
JRの社員の中でも、何を優先にすべきかもめていたんだとか。
確かに、天候を予想するのは非常に難しく、想定がいの出来事も起こることがあります。
しかし、悪天候で今後の見通しが立たない場合は、運休にするなどの措置を早めに講じれば良かったのではないかと思います。
もちろん、交通網を維持することもJRにとって重要なことではありますが、それは状況に応じて臨機応変に対応することも求められているのではないでしょうか。
長時間に渡って電車に閉じ込められることを考えれば、駅などで待機している方が体力の消耗も少なかった可能性もあります。

美容院にある雑誌の話

普段はいろんなニュースなどの話をしていますが、たまには美容院の話もしてみます。
美容院にきたお客様には、だいたい雑誌を2~3冊くらいお渡ししています。
皆さんはその雑誌、読んだりすることありますか?

雑誌を置くととりあえず読んでくれるお客さんが多いですが、例として初めて来るお客さんに出す雑誌を私が選ぶ基準はだいたい下の感じです。

・髪型のカタログを1冊
・おおよその外見年齢から1冊
・着ているファッションの雰囲気から1冊
・上にマッチするものがたまたま無ければ、無難そうなものを入れる

基本的に美容院は、常連のお客さんでなければ髪型のカタログになるものと、外見から判断して雑誌を置いています。
常連のお客さんになってくると好みとかもだいたい分かってくるので、次買う雑誌の参考にすることもありますね。
中には雑誌を一切読まないでスマホや漫画をずっと見ていると言う人もいますが…その人が常連の場合、最初から置かないケースもあります。

初めて来てくれたお客様は、あまり話したこともないので実は美容師も緊張しています。
とりあえず雑誌を用意して、あまり自分の好みに合わないものが置かれたとしても気にしないでくださいね。
もし常連になってくださって、美容師側も大体どんな本が好きなのか分かってきたら、置く雑誌にも好きな物が入るかもしれません。
ただタイミングによっては、本当に見せたかった雑誌が他の人の所にあるケースもあるので、その時は申し訳ないですが他の雑誌を見てみてください。